イルカはいるか?in クラチェ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

来るな!!!


血液センターの私の机。

カンボジアに来て、初めて与えられた机。

でも・・・机の下の床全体がアリの巣だらけ。

職場に来ると、まずやることはアリ退治。

手元にある普通の糊でアリの巣を埋める。。

埋めても埋めても、ありとあらゆる場所からやって来る。



最近は、机の上までやって来ては、私のパソコンの周りをウロウロする。

カバンの中にだって入ってくる。

スタッフは、「アリがみずなのことを好きなんだよ~」って、笑いながら言ってくるし。



もー、本当に嫌だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ただでさえ、この前パソコン壊れたのに!!!!!!!!!!!!!!!

カバンにだって、何も甘いもの入っていないのに!!!!!!!!!!!!!


来るなーーーーーーーーーーーーー

近寄るなーーーーーーーーーーーーー

いつか全滅させてやるぅぅーーーーーーーーヽ(`Д´)ノ


別窓 | ボランティア活動 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ご無沙汰しております

お久しぶりで~す。

みなさん、お元気でしたか?

ずーっと、ずーっとほったらかしてしまったブログ・・・

すみません。色々とありまして、書ける状況ではありませんでした。

書く気がしませんでした(笑)



やっと近況報告が出来る気持ちになりましたので、ご報告します。



実は、任地を変更しました。

これは、わたしの考えで任地変更を希望し、JICAからの理解をもらえたのでそれが実現したのです。

クラチェ州立病院にいたころ、「なぜここの派遣されたのか?」と派遣の意味を考える日々でした。

ずーっと、ウダウダと考え、

きっとこれには何かの意味があるのだと、自問自答する日々・・・

あることがきっかけで、中央からの州立病院へのアプローチの必要がわかりました。

それが効果的であると、自分の中で思ったのです。



決められた2年間。

こうしておけばよかったと後悔するくらいなら、やって後悔しよう。

そういえば、今までもそうやって生きてきたなぁ~って。



もし動いてもダメだったら、そこで諦めようと思いました。



今は、プノンペンにある結核センターと血液センターで働いています。

2ヶ所で働くことになったのは、色々と事情があるのですが、

それでも私は、これで良かったと思っています。


任地変更をして、クラチェが恋しく想うこともあります。

最近、一緒に働いていた同僚がプノンペンに来て再会したときは、

ホントに胸が熱くなりました。

クラチェがホントに好きだったんだなぁと。



だから、私はプノンペンで頑張ります。

正しい知識や技術が中央から州に伝わっていく。

それを目指して。





この任地変更で、たくさんの人に助けてもらいました。

JICAスタッフ、クラチェ隊員のみんな、帰国した先輩隊員、そしてさやちゃん・・・

ありがとうございました。





CENAT(国立結核センター)のスタッフ
イルカはいるか  イルカはいるか


この卵は・・・

培地作製時に使う予定で買っておいた鶏の卵。

余ったので茹でて、みんなで食べました(笑)





ところで・・・ブログのタイトル、変えた方がいいですか?





別窓 | ボランティア活動 | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨

まよい


日本に一時帰国していました。
今は、カンボジアに戻ってきています。
正直、よく戻ってきたなぁという感じです(笑)。
甥っ子が可愛くて、可愛くて、仕方がありませんでした(´∀`*)


日本からカンボジアに帰る際、バンコクで乗り換えだったのですが、
3時間の待ち時間があって、スタバでコーヒー飲みながら、ウトウトしていました。

その時に見た夢の話・・。


場面も状況もよくわかりませんが、知らないおばちゃんとの会話。
青年海外協力隊の活動についての話をしていました。


おばちゃん

『税金を使っているんだから、もっと活動らしい活動をしてほしいわね』

それに対して、私は・・

『そうですね。でも皆、迷い苦しみながらやっていますよ。
 異国の地で言葉もままならない、そんな状況の中で何かを伝えようとしている。
 行ってみないと、参加してみないとわからないことがあるんです』と。


なんだか苦しくなって、目が覚めた。。


最近、夢を見ても覚えていない私(年のせい?!)。
でも不思議とこの会話だけは覚えていた。
まぁ、若干、違うところもあるかもしれないが、だいたいこんな内容である。


もしかしたら、これは私の想い全てなのかもしれない。
おばちゃんが言っている言葉も、それに対して答えている言葉も。


2年間という任期。
終りが見えているのに、方向性を見失ったままの自分。
一時帰国をして日本からたくさんのミズをもらってきた。
家族、友達、そしてカンボジアにいる隊員、各国にいる同期・・
本当に私はステキな人たちに囲まれている。


でも・・・まだペットボトルが再生しきれていない。。


残り8ヶ月。
実質は、もっと少ないだろう。

応援してくれている人たちに、私は来年何を報告するのだろうか?


今まで日本で仕事をしてきて、理解しあえる仲間がそばにいた。
でも今は、一人だ。
検査技師の仕事に関して、同じ方向を向ける仲間がいない。

それは、どうしてもカンボジア人との考え方、環境の差によって、
お互い理解し合えない部分があるからだ。

それが本当に残念なことで仕方がない。




1年4ヶ月を経過して、見えてきたことがある。
それに対して新たな一歩を踏み出すのか、
それともこのまま小さな変化が起きるのを待つのか・・・
あとは、自分次第なのかもしれない。





日本に帰っている間、私と会ってくれたみんな、ありがとう☆彡
あともう少し、がんばります。




別窓 | ボランティア活動 | コメント:6 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミズ


伝えても、伝わらない。

だから、伝える方法を変えたんだよー。

実は、今回が、最終手段だったんだよね・・・。

でもね、やっぱり伝わらなかったみたい。


残念。

本当に悔しいなぁ。

何のために来たんかなぁ~。


今の私をペットボトルの水に例えたら・・・


1年3ヶ月間、スタッフに水をわけていて

足りなくなりそうだったら

自分で足してみたり

みんなから補給してもらって

今までやってこれたんだよね



でも、とうとう飲み干されてしまった

しまいには、ペットボトルまでぐちゃぐちゃにしてくれちゃったよ



げぇ・・・どうしよう。

ペットボトルの替え、持ってきたっけかなぁ?

ペットボトルがなきゃ、心の水、継ぎ足せないじゃーんΣ(゚д゚lll)


別窓 | ボランティア活動 | コメント:13 | トラックバック:0
∧top | under∨

お金(教育編)


先日、コンピューター隊員の2人が、パソコンの指導でクラチェにやって来ました。
眠っているパソコンがあるとのことで、教育局勤務のみわっちが依頼したものです。

ある高校で、4日間の日程。

みわっちから参加生徒のことを少し聞いたのですが、
4日間あるうち、名簿には、何回か同じ生徒の名前が書いてあったそうです。


私は、この高校の1人の生徒に日本語を時々教えています。
その子もこのパソコン講座に参加していました。

ある日、その子に「普段パソコン教室はどうなっているの?」と聞いたところ、

『普段は、閉まっている』と言ってきました。

そして、

『パソコンを使うには、先生にお金を払わないといけない』

『お金を払わないと使えないから、私は使いたくない』

と言ってきました。

そしてさらに・・・

『パソコン講座に参加できたのは、先生と仲が良かったから参加できた』

と言ってくるのです。



先生と仲が良くないと参加したくても参加出来ない?!

使うのにお金が必要?!



あまりにもショック過ぎて、心が痛み、

悔しくて、悔しくて仕方がありませんでした。


学校内でも平等に授業が受けられない現状。

またしても金銭問題。。


医師も教師も全てがおかしい。



別窓 | ボランティア活動 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | イルカはいるか?in クラチェ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。